Lifeisonetime
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一度きり!! 太く、長く、楽しみましょうよ‼ ~おっさんPB記~ テニス、ジョギング、一人旅、グルテンフリー etc... 

一度きりの人生。太く長く楽しみましょうよ^ ^ ライフワークバランスのために転職までした40代男のプライベート記です。単に遊ぶということではなく、満喫するために日々健康にも気遣っていますよ^o^ 小ネタも多いですが、お付き合いの程、よろしくどーぞ。

【2017 GW④】みちのくひとり旅~下道 道の駅の旅~【4日目】

2017.5.4
みちのくひとり旅 4日目
青森f:id:Lifeisonetime:20170517015356j:image

内地の道の駅は気温差に注意

道の駅 いかりがせきにて、

朝4時頃あまりの寒さに目を覚ます…
気温は何と3.8℃‼︎
で、しかも、この日は日中25℃超えました…
1日で20℃以上の気温差が。
予測してたとはいえかなり厳しいものがあった^^;
マメに現地24時間天気予報はチェックしてないと身体やられまっせ〜
注意しなはれや〜〜^ ^

弘前公園&弘前城

今回の旅でかなり期待していた弘前城
何せ北上すればするほど道端の桜が綺麗になってきてたから桜前線に追いついた感満載。f:id:Lifeisonetime:20170517015500j:image
事前に何の下調べもしてなかったが、現地に着くとこんなポスターが!

何と、弘前さくらまつりの真っ最中‼︎
GWに桜が見れるなんて大阪人の私からすればもの凄い贅沢^ ^

日本最古のソメイヨシノをはじめ、52品種2,600本もの桜がある弘前公園
f:id:Lifeisonetime:20170517015736j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517015750j:image堀の水面には散った花弁が“花筏”となって浮かぶ。
綺麗に名付けるものですね。f:id:Lifeisonetime:20170517024126j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517024144j:image日本最古のソメイヨシノ

f:id:Lifeisonetime:20170517024223j:image日本一太いソメイヨシノ

f:id:Lifeisonetime:20170517015813j:image弘前城と満開の枝垂れ桜、そして遠くには岩木山

素晴らしいコントラスト。
感動します。

銀作亭

f:id:Lifeisonetime:20170517021231j:image弘前公園を満喫した後、腹ごしらえのために公園北西側にある“銀作亭”へ。

ここは事前に弘前公園から徒歩圏で食べログ検索しまくり行こうと決めてた。

f:id:Lifeisonetime:20170517021251j:image店に着いたのは10時半。ドアは開いてたので入店したが「まだ開店には1時間早いんだけど…」とおばちゃんに言われたが、「大阪から来たんで何とか(^人^)カレー食べたいんですm(_ _)m」とお願いしたら、旦那が快く「大丈夫」との有難きお言葉。心底優しい老夫婦でした!

で、念願のインディアンカレーをお願いする。f:id:Lifeisonetime:20170517021320j:imageめっちゃ旨い‼︎ この旅でトップ3に入る旨さでした^ ^

見た目以上に結構手間がかかってる。f:id:Lifeisonetime:20170517021453j:imageご飯は薄っすらと味付けされたケチャップライス‼︎ その上に半熟目玉焼きにカレールー。脇にはサラダと流石は青森⁈リンゴが鎮座しとります^ ^

ほんま手がかかったワンプレート。

これでしかも650円!(◎_◎;) 安い‼︎

食べてる間も、おかみさんが一所懸命色々話相手になってくれて、しかも開店時間前に無理言うたのにアイスコーヒーもサービスしてくれた(^人^)

味も人柄も一生忘れない店になった。

ご夫妻とも70台の老夫婦が営まれてます。

何時迄も頑張って欲しい。

いつか再訪するその時まで。

 

予定ルート変更〜いざ本州最北端へ〜

さて、腹ごしらえも済ましたところで考えた。

当初の予定はこの後青森市内界隈をうろちょろするつもりだったが、道も混んでないし時間的にも行けそうだし、ここまで来たらむしろ行かないと一生後悔すると思って、思い切って下北半島を突っ切り、恐山と本州最北端の大間崎を目指すことにした。

恐山

f:id:Lifeisonetime:20170517015941j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517015959j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517020014j:image想像と全く違う素晴らしい場所でした。
賽の河原とかイタコとか名前先行し過ぎだろ(^^;;

f:id:Lifeisonetime:20170517022513j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022529j:image境内には何と温泉が。タオル持ってきゃよかったと反省…
f:id:Lifeisonetime:20170517022257j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022315j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022328j:imageそんな恐ろしさはなく、寧ろ、何処を見渡しても神々しい所でした。
凄く心が落ち着く場所です。
でも、本当に辺境です。
f:id:Lifeisonetime:20170517022403j:image山越えして近付いた瞬間の硫黄臭からして雰囲気違う。
よくぞ、こんな場所に行き着いたなと驚きます。
青森市内からでも2時間以上かかる遠さでしたしね。
遠いですけど行く価値大です。

大間崎

f:id:Lifeisonetime:20170517022613j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022628j:image何とか日の上がってるうちに辿りつけた。
f:id:Lifeisonetime:20170517022646j:image対岸の北海道がはっきりと見える。
大阪から約1,200kmの地。
よくもまあ下道で来たもんだ(^^;;

 

この後も予定を変え、翌日の八戸入りを考えて少しでも近い場所へ行くことに。
道の駅を浅虫温泉→七戸へ目的地変更。

そして、道中、偶然にも素晴らしく珍しい温泉に行き着く。
これはラッキーすぎた。

東北温泉

f:id:Lifeisonetime:20170517022743j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022830j:image地元の方が集う感じの田舎町の温泉なのだが、ここがまた全国で2箇所しかない植物性のモール温泉なのです。
3年前にもう1箇所の帯広の十勝川温泉に行ってるからモール温泉全国制覇^o^
f:id:Lifeisonetime:20170517022816j:imageマグマ性の温泉と違ってとにかくまろやかなんです。
長時間使ってても心地よい。
で、ここは珍しく冷泉があったから超長風呂出来た^ ^
前日に擦り傷作ってしまってたから丁度いい湯治になった。

※女将さんが、以前はもっと黒かったが、東日本大震災で色味が薄くなった…と嘆いておられました。震災の影響は色んなところにあるのですね…

走行距離

約358km(※写真撮り忘れましたm(_ _)m)
累計1,653km