Lifeisonetime
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生一度きり!! 太く、長く、楽しみましょうよ‼ ~おっさんPB記~ テニス、ジョギング、一人旅、グルテンフリー etc... 

一度きりの人生。太く長く楽しみましょうよ^ ^ ライフワークバランスのために転職までした40代男のプライベート記です。単に遊ぶということではなく、満喫するために日々健康にも気遣っていますよ^o^ 小ネタも多いですが、お付き合いの程、よろしくどーぞ。

【家具その3】カーテン

【家具その3】カーテンf:id:Lifeisonetime:20170520184525j:image

紆余曲折、ようやく、カーテン購入。
f:id:Lifeisonetime:20170520184001j:image買ったのは神戸垂水の家具屋“家具の福屋 Fitz千束山店”。
買って不良品だったり不具合あったらすぐには戻れない遠い店。
f:id:Lifeisonetime:20170520184016j:imagef:id:Lifeisonetime:20170520184258j:imageでも、ビビッと来て即決。
ビタミンカラーやからテンション上がる。
ほんと、シンメトリー好きやな、俺^^;

形態安定ないから一度洗ってアイロンかけたわ。
色々疲れた>_<

 カーテン屋、家具屋、果てはホームセンターと散々回り、時にはサンプルを借りた。
ネットでも検索しまくり、サンプル生地も10種類ほど調達した。
一時は妥協してニトリで買うも、見本と色味が違い即効返品。
なかなかこれと思うものが見つからず約5ヶ月。

ま、別に急いでなかったからじっくりと探した訳ですが…

探せば探すほど色もそうだし模様もリーフ、幾何学フォークロア、ライン、無地…

何枚か買って季節で衣替えしたりとか出来りゃ苦労はしないが何枚も買う余裕なんてこちとらございません(≧∀≦)
生地は厚めだけども遮光じゃない(ここは拘りなかったがどちらかというと遮光じゃないほうが昼間でも模様ハッキリするから好きではあったが、夏はノーエアコンで過ごすからこれからの季節を考えると遮光の方がいいんだろうけど…結局もう一組遮光いるんかな⁇^^;)から安かったし予算の半分で済んだ。
デザインもポリエステルの生地感もいいし、自分なりには大満足。
何だか苦労が報われた感がある^ ^

シンメトリー

f:id:Lifeisonetime:20170520183935j:imagef:id:Lifeisonetime:20170520183945j:imageシンメトリーのデザインに惚れた。
実は、一旦買って返品したやつもシンメトリー。
拘りはなかったが好きなんだろうね、非対称が^ ^

9月からインテリア色々変えたり追加したり約9ヶ月。

模様替えも、漸くラストピースが揃ってひと段落。
しばらく家具屋は行きたくないな^^;

【2017 GW⑦】みちのくひとり旅~下道 道の駅の旅~【7日目 最終日】

2017.5.7
みちのくひとり旅 7日目(最終日)
新潟→大阪f:id:Lifeisonetime:20170518003819j:image

リベンジ‼︎(※2日目参照)

昨夜、寝る前に翌日の行程を地図確認してたら、村上市まで30分で行けるなぁ…と。
そう、2日目に定休日だったあの店に近いやん‼︎と。
南下するには逆方向だが、朝一電話して開いてたら迷わず行こう! と、前晩に思い立った。
これはある意味“賭け”
だって定休日と違う日に実際休んでたらGW中はずっと休みなんかと想像するやん?
しかも開いてなかったら朝一の1〜2時間移動出来ず道の駅でただストップ食らうだけなので、ほんま賭けやなぁと。

9時。
開店時間に電話してみる。
すると、受話器から声が!
開いとるぅ〜〜〜〜〜っ‼︎
急いで向かいましたよ^ ^
10時前に到着。

改めまして、

美食や やま信(新潟県村上市

f:id:Lifeisonetime:20170518003954j:image希少な村上牛を堪能出来る店。
以前は都心の百貨店の物産展など出店してたようだが、年々村上牛の生産が減り、結局現地でしか食べれない希少な牛だそうだ。

私の愛する「おにぎりあたためますか」で大泉洋が猛プッシュしてた店(因みに、番組ではハンバーグの紹介がメインだったが、旨すぎてステーキなど食べまくり、ロケの予算が無くなったという伝説⁇の店^^;)で、食べログスコアも3.53と高スコアを叩き出す店。

話は逸れるが、私はコロッケが大好物だった。
でも、グルテンフリーはじめたから辞めたのよ。
でも、旅路はグルテンフリー解除がマイルール。
久々に食べるなら是非ここで! と、思っていた。

店は店頭でコロッケや串物など販売するコーナーがあり、中の食事処はテーブルも座敷もあり寛げるし、元来、本業は肉屋なのでガッツリ高級なお肉が並ぶ。

f:id:Lifeisonetime:20170518004102j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518004541j:image先ずは、店頭販売の兄さん(「おにぎり〜」で出てた方で、写真は何も言わず撮ったのに満面の笑み^ ^ 笑顔通りに凄く人柄のええ人でした)と話す。
おにぎり見て気になって来ました、と言うと、色々番組のエピソードを教えてくれて超楽しかった。

さて、いざ店内へ。
f:id:Lifeisonetime:20170518004400j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518004405j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518005556j:image来る前は番組で最初に紹介されたハンバーグ定食をチョイスするつもりだったのだか、兄さんが「大泉洋さんが“牛丼”を超気に入って、母親に食べさすって言ってテイクアウトした」と聞き、ならば俺も牛丼にしようとあっさりチェンジ^ ^

f:id:Lifeisonetime:20170518004301j:image牛丼は肩ロースを使っているそう。

f:id:Lifeisonetime:20170518004324j:imageボリューム凄くて、御飯までの厚みが凄い。
肩ロースは硬めのものなはずなのに溶ける食感!
噛まなくても食える‼︎
大泉洋が気に入ったのも納得。
牛丼としてはええ値段したがこれぞお値段以上^ ^
めちゃめちゃ旨かった〜〜〜‼️

f:id:Lifeisonetime:20170518004524j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518004504j:imageそして、同時に揚げたて熱々コロッケもいただく。

サクッとした食感も、村上牛が染みた具も抜群。
これだけでも大満足なのだが、やはりハンバーグを食べたい思いも捨て切れない。
しかし、さらに定食で食うのは無理。
ダメ元でハンバーグ単品でお願い出来ないか聞いてみると、あっさりOKとのありがたき返事^ ^
迷わず追加。

f:id:Lifeisonetime:20170518004620j:image肉汁溢れるハンバーグも抜群でした。

で、まだ終わらない^ ^

f:id:Lifeisonetime:20170518005713j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518004703j:image帰りにもう一つ食べていない店頭販売のご自慢メンチカツもテイクアウトで食す。
ハンバーグよりも寧ろこちらの方が肉肉しくて旨い‼︎

朝から食べまくった(普段の朝飯はバナナ1本なのでこんなに朝から食ったの何年ぶりだろう(^^;;)がどれも旨くて、特に牛丼はほんと旨くて一生忘れえぬ思い出になった。
またいつかリピしたいと心底思った。

因みに、後で聞くと、GWは通常水曜日の定休日にせず臨時で火曜休んだとのこと(//∇//)
しかも、前日は何と何と3時間待ち!(◎_◎;)の大行列だったそうだ
店員さんも余裕無さすぎて笑顔が消えたそうだ^^;
そんな翌日、GWも最終日だし昼前の時間だし、全く並ぶことなく、店員さんともにこやかに話せて、むしろ出直しで良かった‼︎
5/2に残念な思いしたけど逆に良かった!
まさにこれぞ怪我の功名^ ^

予定とは逆方向来たこともあり、新潟市内の観光はキャンセルし最終目的地に直接向かうことにした。

向かうは勿論⁈

新潟競馬場

f:id:Lifeisonetime:20170518004956j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518005800j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518005809j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518005854j:imageこの日は丁度春の新潟最大のレース「新潟大賞典」があるのだ。
これは見逃せない^ ^
12時過ぎに到着。
6R(直千)から満喫出来ました。
現地の馬友とも合流し盛り上がりました^o^
馬券は…(//∇//)
ま、全て上手くはいかないもんだ(ToT)

帰路

f:id:Lifeisonetime:20170518005022j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518005043j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518005106j:image友人と晩飯にインドカリー食って19時半。
この時間だし明日は8時には出勤せなあかんから高速で一気に帰る訳だが…

f:id:Lifeisonetime:20170518005143p:imageGoogleさんは7時間を示す…こりゃ普通に帰ったら夜中3時前かい⁇と覚悟を決めて帰路へ。
ヘトヘトながらも滋賀で一瞬トイレ立ち寄っただけで根性のワンストップでかなり短縮。
長い旅路にピリオド。
帰って荷物整理と洗濯も一度済まして4時前に就寝&翌朝勿論ちゃんと出社したよ。
疲れたが充実の1週間でした。

走行距離

f:id:Lifeisonetime:20170518005223j:image718km
総走行距離3,013km

ガソリン代(ハイオク)振り返り

f:id:Lifeisonetime:20170518005258j:image1週間の“みちのくひとり旅”での給油記録。
給油地は、
地元→長岡→秋田→青森→八戸→盛岡→新潟で279L。
何せ田舎ですから半分くらいなら都心部で早めに入れるようにした。
(※ちなみに、新潟は全国平均2番目に安い‼︎ 最後の店なんて132円だもの。逆に高かったのは青森で139円でした)

しめて、34,597円也。
満タン60Lで出発時に22L残ってたから実際は38,000円くらい。

279Lで3,031km走ったから燃費は驚異の10.8km!(◎_◎;)
(※普段@6〜7kmの3Lターボ車なもんで^^;)
8割方下道でこのハイスコア‼︎
いかに渋滞も信号もなかったかがわかる^ ^

計画段階では、想定距離2,680km、300Lで約4万円と想定してたが、予定変えて恐山〜本州最北端まで行った分350km余分に走ってるにも関わらず想定金額内のこの金額だったら全然安いっしょ‼︎
なんてったって宿泊費タダですからね(^ν^)

 

これにて終了。

全7話にお付き合いいただいた方、くだらなく拙い文章でどーもすみませんでしたm(_ _)m

【2017 GW⑥】みちのくひとり旅~下道 道の駅の旅~【6日目】

2017.5.6
みちのくひとり旅 6日目
岩手→山形→新潟f:id:Lifeisonetime:20170518000212j:image

今日はいよいよ行きたかった世界遺産 平泉~中尊寺金色堂
二日酔いで気持ち悪い中、頑張って運転(^^;;
今日は移動距離もかなり長く二日酔いもあり盛岡南~平泉前沢まで高速利用。

平泉〜中尊寺金色堂

f:id:Lifeisonetime:20170518000252j:image勿論撮影不可なので内部の写真はございません。
皆様、死ぬまでに是非一度拝観を。
神々し過ぎて凄い所です。
拝観料は500円だったかな。

他にも見処一杯‼︎

f:id:Lifeisonetime:20170518000346j:image縄の輪っかがあって珍しい

f:id:Lifeisonetime:20170518000403j:image池と緑のコントラストが美しい

f:id:Lifeisonetime:20170518000424j:image本堂はこちら

f:id:Lifeisonetime:20170518000434j:imageタイミングよく鐘をつくのが見れた^_^ 12回鳴らしはりました。

達谷窟(たっこくのいわや)毘沙門堂

f:id:Lifeisonetime:20170518000750j:image通り道にあった何やら寺が。

f:id:Lifeisonetime:20170518000727j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518000737j:image凄い所に建ってる‼︎
スルーしかけたんですが、思わずUターンして立寄った^ ^
何でも坂上田村麿公が創建したという由緒正しい寺院。
趣深かったですね。
拝観料300円でした。

今回の旅で最大のサプライズ
郭公屋 空飛ぶだんご

平泉を満喫し山形へ向かう前にどっかで昼飯食おうと思って近くの道の駅をバイブルで確認。
すると、“厳美渓(げんびけい)”の文字が。
なんかどっかで聞き覚えがあってiPhoneでちゃちゃっと検索したら“空飛ぶだんご”の文字が!(◎_◎;)
もしや、

あの『水曜どうでしょう』で伝説のあの団子屋では⁈と思い即向かう。

間違いない。
対岸にだんごを滑空させるあの店やん‼︎

f:id:Lifeisonetime:20170518001033j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518001111j:imageそう、『水どう』所縁のあの団子屋“郭公屋”でした。
全く調べず来たから驚いた(^^;;
迷わず入店。

f:id:Lifeisonetime:20170518001008j:imageあいにくの雨模様だったが、それでも厳美渓の美しい様を見ながら食べる団子は旨いのなんの。
みたらし、ゴマ、餡子のどれも旨い‼︎
特にゴマは濃厚で旨かった。

これだけでも大満足だったのだが、写真だらけの店内の何処に水どう絡みの写真あるかわからんかったから店員さんに「どこかに水どう来た時の写真とか飾ってますか?」と何気に聞いたら、「では、こちらへどうぞ〜」と言われるがままに2階に案内される…f:id:Lifeisonetime:20170518002514j:image

なんと‼︎
まさに団子の籠を滑空させる上の部屋にあげてくれるではないか!(◎_◎;)
しかも、上がるや否やおっちゃんに、
「はい、そこ立って。引っ張って、引っ張って!」
と、いきなり籠を引っ張らされて体験させてくれた(^^;;
f:id:Lifeisonetime:20170518001728j:imageで、しかも、引っ張り終わった後に、その“水どう”の記念写真を手に、わざわざiPadで撮影してくれ、かつ、その場で即プリントアウト。
さらに、訪問者用のデカいアルバムの丸々1ページに写真とコメを記入。

すごく粋な計らいに超感動
だんごも文句なしに旨くて最高の店でした^ ^
この旅最高のサプライズ。

もひとつラッキーだったのはこの日が雨で空いてたこと。
前日は対岸の行列が途切れず、団子の生産が追いつかず最大3時間待ちだったらしい。
雨で良かった^ ^

厳美渓

f:id:Lifeisonetime:20170518001755j:image生憎の雨でもコバルトブルーにも見える水面と周辺のバランスが素晴らしい渓谷でした。
左に郭公屋の行列がチラッと写ってます^ ^


もう、団子で大満足したので、とりあえずは天童方面に向けてひた走る。
何せ東北を横切るルートやから国道1本という訳にいかず相当面倒なルート。
2時間以上無休憩で県道やら広域農道やらGoogleさんの示す通りひたすら運転し、ようやく道の駅天童温泉に到着。

f:id:Lifeisonetime:20170518002141j:image足湯で疲れを癒す。
f:id:Lifeisonetime:20170518002204j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518002226j:image玉こんムッチャ旨し‼︎

時間はもう17時頃だったし、今晩の目的地道の駅関川には温泉があるので、もう何処も立ち寄らず一路関川へ。

珍しい自販機

f:id:Lifeisonetime:20170518001842j:image道の駅関川に併設の温泉“ゆーむ”のロビーに何やら懐かしい代物が。
f:id:Lifeisonetime:20170518001930j:imageなんと、今や見かけることのない生ビールの自動販売があるではないか。
珍しいから写真撮ってたら、フロントのおっちゃんが全国的に数台しか稼働してない希少なものと教えてくれた。
意外にも、プラカップが入手しにくいのが理由らしい。
今日は当地で車中泊だから湯上がりに2杯ほど堪能^ ^
しっかり泡も立って旨かった‼︎

 

で、ここで八戸以来の友人と合流し、贅沢にも足湯に浸かり〜の呑み〜ので移動でヘトヘトな疲れも吹っ飛ばし充実の時を過ごせたよ)^o^(f:id:Lifeisonetime:20170518002819j:image

走行距離

f:id:Lifeisonetime:20170518002057j:image334km
累計2,295km

【2017 GW⑤】みちのくひとり旅~下道 道の駅の旅~【5日目】

2017.5.5
みちのくひとり旅 5日目
青森→岩手f:id:Lifeisonetime:20170517233111j:image

今日は八戸→酸ヶ湯十和田湖から晩には友人と合流するため盛岡まで行く予定で結構タイト。

f:id:Lifeisonetime:20170517233251j:image道の駅しちのへ泊

まずは、朝一で陸奥湊町市場へ向かった。
行きたかったのは食べログ3.82の高スコアを叩き出す海鮮丼の店“みなと食堂”
しかーし、朝9時には長蛇の列。
聞けば何と48組待ち…
諦めました。
でも、結果的にそれで良かった。

というのも、この時、旅トモが八戸に居て、現地情報が貰えたので、およそ10分少々の場所にある“八食センター”という場所へ勧められるがままに向かう。

八食センター

f:id:Lifeisonetime:20170517233211j:imageこれが着いてビックリ。
超巨大な施設!(◎_◎;)

f:id:Lifeisonetime:20170517233345j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517233358j:image中には鮮魚店から飲食店まで幅広くある。
f:id:Lifeisonetime:20170517233438j:image中でも凄いのが、鮮魚店で買ってきた物を“七輪”で焼いて食べれる(利用料300円、2時間制)こと‼︎
一足先に友人が席キープしてくれてたから助かったが、開店1時間もかからず10時前には満席という超人気スポットだったのだ。
陸奥湊から速攻切り替えて大正解。

f:id:Lifeisonetime:20170518212324j:image猛烈な勢いで七輪用の“炭”を作ってる^ ^

七輪

f:id:Lifeisonetime:20170517233611j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517233621j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517233651j:image見よ、このホタテと牡蠣のデカさを‼︎
しかもホタテ1枚250円、牡蠣350円‼︎
安い‼︎
ホタテは旨すぎてリピりましたもん^ ^
一生忘れ得ぬ旨さでした、マジで。

 

他にも充実した施設で、特に日本酒売場は半端ない品揃えの充実っぷり‼︎
東北5県の銘柄ありまくり。
日本酒だけじゃなく焼酎もウイスキーもありとあらゆる酒の種類が豊富。
都心部でもなかなかお目にかかれない豊富な品揃えで感嘆した。
もう、何本買ったか忘れたくらい買った(^^;;

酸ヶ湯 千人風呂

f:id:Lifeisonetime:20170517233906j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517233915j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517233929j:imageはっきり言って先日の乳頭より断然こっちの方が良かった
泉質の良さを凄く感じた。
何より趣きが半端ない。
デカい神棚の存在感が半端ない。
流石は元祖“湯治”療法にも利用された由緒正しき生えある国民保養温泉地第一号”の温泉。
素晴らしい場所です。
ここも混浴ですが、貸し水着的なやつあるみたいで見てて安心てのもありましたがね(^^;;

名物 酸ヶ湯蕎麦 & 蕎麦プリン

f:id:Lifeisonetime:20170517234018j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517234027j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517234103j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517234035j:image蕎麦は十割蕎麦
なのに、全くパサパサ感なく麺も伸びる。
天然水との奇跡的な相性の良さのなせる技。
こんな蕎麦なら毎日主食にしたいくらい。

f:id:Lifeisonetime:20170517234044j:imageプリンも絶品。
また蕎麦“蜜”が旨いの何の。

湯も食も大満足の場所でした。
ここはいつかリピしたいと思える本当におすすめスポット。
また、この後の十和田湖に向かう奥入瀬渓谷の景色が絶景なのよ‼︎
このエリアの癒され具合は凄すぎます、本当。

奥入瀬渓谷&十和田湖

f:id:Lifeisonetime:20170517234157j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517234220j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517234228j:image奥入瀬川沿いに道路が走り、ほぼほぼずっとこの景観が続きます。
マイナスイオン浴び倒せますよ^ ^

発荷峠展望台

f:id:Lifeisonetime:20170517234308j:image十和田湖を見下ろせるスポット

 

さて、既に18時前。
盛岡へ急がねば友人に迷惑かけちゃうので、この旅初めての高速道路利用。
十和田→盛岡間を時間短縮。
19時半に友人宅到着。

大同苑 盛岡冷麺&前沢牛

f:id:Lifeisonetime:20170517234448j:image盛岡冷麺の元祖と言われる店で、注文受けてから麺を打つという拘りの店。
一度来たかったのよ^ ^
入店が21時前ということもあり混雑もなく、すんなり着席。

f:id:Lifeisonetime:20170517234431j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517234438j:image絶品の前沢牛。噛みませんでした、溶けたので^ ^

さて、待つこと20分くらいかなぁ。

f:id:Lifeisonetime:20170517234640j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517234648j:image先に頼んでた前沢牛を焼いてる間に冷麺到着‼︎
肉も冷麺も両方絶品でしたよ。
大満足‼︎

 

f:id:Lifeisonetime:20170518212451j:imagef:id:Lifeisonetime:20170518212529j:imageこの後、日本酒バーに行って8合呑んだところで記憶をなくす…(^^;;
気付けば朝…
迷惑はかけず普通に帰ってきたらしいが全く記憶がない(Gさん、すんません(>人<;))。

と、同時に物凄い二日酔い…
いよいよ旅もラスト2日。
試練だな(^^;;
続く…

走行距離

f:id:Lifeisonetime:20170517234713j:image308km
累計1961km

【2017 GW④】みちのくひとり旅~下道 道の駅の旅~【4日目】

2017.5.4
みちのくひとり旅 4日目
青森f:id:Lifeisonetime:20170517015356j:image

内地の道の駅は気温差に注意

道の駅 いかりがせきにて、

朝4時頃あまりの寒さに目を覚ます…
気温は何と3.8℃‼︎
で、しかも、この日は日中25℃超えました…
1日で20℃以上の気温差が。
予測してたとはいえかなり厳しいものがあった^^;
マメに現地24時間天気予報はチェックしてないと身体やられまっせ〜
注意しなはれや〜〜^ ^

弘前公園&弘前城

今回の旅でかなり期待していた弘前城
何せ北上すればするほど道端の桜が綺麗になってきてたから桜前線に追いついた感満載。f:id:Lifeisonetime:20170517015500j:image
事前に何の下調べもしてなかったが、現地に着くとこんなポスターが!

何と、弘前さくらまつりの真っ最中‼︎
GWに桜が見れるなんて大阪人の私からすればもの凄い贅沢^ ^

日本最古のソメイヨシノをはじめ、52品種2,600本もの桜がある弘前公園
f:id:Lifeisonetime:20170517015736j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517015750j:image堀の水面には散った花弁が“花筏”となって浮かぶ。
綺麗に名付けるものですね。f:id:Lifeisonetime:20170517024126j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517024144j:image日本最古のソメイヨシノ

f:id:Lifeisonetime:20170517024223j:image日本一太いソメイヨシノ

f:id:Lifeisonetime:20170517015813j:image弘前城と満開の枝垂れ桜、そして遠くには岩木山

素晴らしいコントラスト。
感動します。

銀作亭

f:id:Lifeisonetime:20170517021231j:image弘前公園を満喫した後、腹ごしらえのために公園北西側にある“銀作亭”へ。

ここは事前に弘前公園から徒歩圏で食べログ検索しまくり行こうと決めてた。

f:id:Lifeisonetime:20170517021251j:image店に着いたのは10時半。ドアは開いてたので入店したが「まだ開店には1時間早いんだけど…」とおばちゃんに言われたが、「大阪から来たんで何とか(^人^)カレー食べたいんですm(_ _)m」とお願いしたら、旦那が快く「大丈夫」との有難きお言葉。心底優しい老夫婦でした!

で、念願のインディアンカレーをお願いする。f:id:Lifeisonetime:20170517021320j:imageめっちゃ旨い‼︎ この旅でトップ3に入る旨さでした^ ^

見た目以上に結構手間がかかってる。f:id:Lifeisonetime:20170517021453j:imageご飯は薄っすらと味付けされたケチャップライス‼︎ その上に半熟目玉焼きにカレールー。脇にはサラダと流石は青森⁈リンゴが鎮座しとります^ ^

ほんま手がかかったワンプレート。

これでしかも650円!(◎_◎;) 安い‼︎

食べてる間も、おかみさんが一所懸命色々話相手になってくれて、しかも開店時間前に無理言うたのにアイスコーヒーもサービスしてくれた(^人^)

味も人柄も一生忘れない店になった。

ご夫妻とも70台の老夫婦が営まれてます。

何時迄も頑張って欲しい。

いつか再訪するその時まで。

 

予定ルート変更〜いざ本州最北端へ〜

さて、腹ごしらえも済ましたところで考えた。

当初の予定はこの後青森市内界隈をうろちょろするつもりだったが、道も混んでないし時間的にも行けそうだし、ここまで来たらむしろ行かないと一生後悔すると思って、思い切って下北半島を突っ切り、恐山と本州最北端の大間崎を目指すことにした。

恐山

f:id:Lifeisonetime:20170517015941j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517015959j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517020014j:image想像と全く違う素晴らしい場所でした。
賽の河原とかイタコとか名前先行し過ぎだろ(^^;;

f:id:Lifeisonetime:20170517022513j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022529j:image境内には何と温泉が。タオル持ってきゃよかったと反省…
f:id:Lifeisonetime:20170517022257j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022315j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022328j:imageそんな恐ろしさはなく、寧ろ、何処を見渡しても神々しい所でした。
凄く心が落ち着く場所です。
でも、本当に辺境です。
f:id:Lifeisonetime:20170517022403j:image山越えして近付いた瞬間の硫黄臭からして雰囲気違う。
よくぞ、こんな場所に行き着いたなと驚きます。
青森市内からでも2時間以上かかる遠さでしたしね。
遠いですけど行く価値大です。

大間崎

f:id:Lifeisonetime:20170517022613j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022628j:image何とか日の上がってるうちに辿りつけた。
f:id:Lifeisonetime:20170517022646j:image対岸の北海道がはっきりと見える。
大阪から約1,200kmの地。
よくもまあ下道で来たもんだ(^^;;

 

この後も予定を変え、翌日の八戸入りを考えて少しでも近い場所へ行くことに。
道の駅を浅虫温泉→七戸へ目的地変更。

そして、道中、偶然にも素晴らしく珍しい温泉に行き着く。
これはラッキーすぎた。

東北温泉

f:id:Lifeisonetime:20170517022743j:imagef:id:Lifeisonetime:20170517022830j:image地元の方が集う感じの田舎町の温泉なのだが、ここがまた全国で2箇所しかない植物性のモール温泉なのです。
3年前にもう1箇所の帯広の十勝川温泉に行ってるからモール温泉全国制覇^o^
f:id:Lifeisonetime:20170517022816j:imageマグマ性の温泉と違ってとにかくまろやかなんです。
長時間使ってても心地よい。
で、ここは珍しく冷泉があったから超長風呂出来た^ ^
前日に擦り傷作ってしまってたから丁度いい湯治になった。

※女将さんが、以前はもっと黒かったが、東日本大震災で色味が薄くなった…と嘆いておられました。震災の影響は色んなところにあるのですね…

走行距離

約358km(※写真撮り忘れましたm(_ _)m)
累計1,653km

【2017 GW③】みちのくひとり旅~下道 道の駅の旅~【3日目】

2017.5.3
みちのくひとり旅 3日目
秋田→青森f:id:Lifeisonetime:20170516010631j:image

道の駅 みなとオアシスあきた

f:id:Lifeisonetime:20170516010713j:image朝は折角目の前にタワーがあるので、9時の開業を待って展望台へ。

f:id:Lifeisonetime:20170516010802j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516010822j:image鳥海山日本海も綺麗に見え、360度素晴らしい眺め。
しかもここは無料‼︎
秋田市やるもんだ。

絶品! ながいのポテト

f:id:Lifeisonetime:20170516010924j:image土産コーナー何気に見てたらうまそうなスイートポテトが。

f:id:Lifeisonetime:20170516010954j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516011030j:imageサイズはデカめでズッシリとした重み。

f:id:Lifeisonetime:20170516011012j:image裏はさつまいもの皮をそのまんま使用してる拘りよう。

同時購入した“そば団子”も抜群に旨かったが、このポテトはヤバかった。
でも、実は食べたのが晩。
現地でとっとと食べてたらもう2〜3個買ったのに…
旅路のグルメは即食べないとダメですね。
反省してます。

次は一路東へ。

道の駅 協和

f:id:Lifeisonetime:20170516011126j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516011146j:image見事に桜が咲き誇る。この道の駅はかなり良い‼︎ レジャーシート持ってまた行きたくなる所でした。
出た‼︎ 名物ババヘラアイス‼︎ f:id:Lifeisonetime:20170516011237j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516011320j:image芸術です‼︎

f:id:Lifeisonetime:20170516011302j:image花見アイスも乙^ ^

乳頭温泉 鶴の湯

f:id:Lifeisonetime:20170516011529j:image念願だった乳頭温泉の元祖 鶴の湯へ。
乳頭温泉は7ヶ所あるが、この鶴の湯だけが西の一角にポツンとある。
泊まりでないと全部は回れないので、ならば元祖へ。
山奥なのは承知してたが、未舗装の峠道が続く。
行く際は、

車が埃まみれになるのを覚悟して行きましょう
えらいことになりましたもん(^^;;

f:id:Lifeisonetime:20170516011607j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516011637j:image

f:id:Lifeisonetime:20170516011504j:image名声に違わぬ素晴らしい泉質でした。
青白い乳白色で、硫黄の香りがそそります。
個人的には登別温泉に匹敵するいいお湯でした(が、悪路を踏まえると登別の方に軍配。あくまでも私見ですので突っ込まんといてね^ ^)。
ただ、露天の中の湯は混浴でGWと相まって人も多かったがガチで混浴してるカップルやらファミリーやら(^^;;
平和すぎるぞ、ジャパン。

田沢湖 & たつこ像

f:id:Lifeisonetime:20170516011752j:image数年前の韓国ドラマ「IRIS」の舞台にもなったから韓国人観光客多かったら嫌やなぁ、と思ってたが全くいなくて杞憂に終わって良かった^ ^
日本で最も深い湖だけあって、静けさが神秘的にさえ感じた。

角館 武家屋敷

f:id:Lifeisonetime:20170516011900j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516011927j:image丁度枝垂れ桜がいい感じ。
北の小京都と呼ばれるだけあって情緒豊かな街並み。
時代背景を考えるとこの道幅を確保してたのは先見の明あり過ぎ!(◎_◎;)
凄いことだと思ふ。

 さくら小路 比内地鶏親子丼

f:id:Lifeisonetime:20170516012237j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516012304j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516012153j:imageここもHTB「おにぎり〜」の店。
閉店ギリギリの到着(^^;;

f:id:Lifeisonetime:20170516012124j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516012139j:image究極の親子丼と銘打つだけあり凄い親子丼でした。
卵3つ分使ってるらしいがほぼ生で出す豪快さ⁈
めちゃめちゃ濃厚で旨かったが、個人的にはもう少し固まってた方が良かったかなぁ…
でも、比内地鶏の親の方は歯応え抜群やけども名古屋コーチンよりも少し固さが柔らかくジューシーで好みでした^ ^

 

腹ごしらえもしたところで一路青森へ。

 

道の駅 いかりがせき

f:id:Lifeisonetime:20170516230258j:imageここは車中泊に欠かせない私のバイブル『道の駅 旅案内全国地図』(※ただしH26年版)の温泉特集でもおすすめの1件て、浴槽が青森ヒバで出来たなんとも情緒豊かなお風呂。
やっぱ“天然木”は落ち着く^ ^

東北はとにかく温泉が安い

東北の温泉地は300円代が多く本当に安い。
あちらこちらにいい温泉が湧いてて安いとくりゃ、佐々木希さんとかモチ肌美人が多いのも納得出来ますね^ ^

走行距離

f:id:Lifeisonetime:20170516012404j:image本日275km
累計1,295km也

【2017 GW②】みちのくひとり旅~下道 道の駅の旅~【2日目】

2017.5.2
みちのくひとり旅 2日目
新潟→山形→秋田

2日目は新潟(長岡)~山形の海岸線沿いを北上し、一気に秋田まで北上。

加茂川の鯉のぼり

f:id:Lifeisonetime:20170516004239j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516004305j:image約500匹もの鯉のぼりがなびく様は凄かった。
天気も良く癒されました^ ^
その後、五泉市のチューリップ畑に寄ったが部分的にしかなく、そそくさ駆け抜けた。

2日目にして最大に凹む出来事

f:id:Lifeisonetime:20170516004511j:imageこの旅で楽しみにしていたグルメの中で一番行きたかったのが、村上市の“美食や やま信”
貴重な村上牛を食べれる店で、私の大好きな大泉洋さんが『おにぎりあたためますか』という番組で絶賛した店だったのでどうしても行きたかった…
事前に調べて定休日は水曜ということで行ったのだが…

f:id:Lifeisonetime:20170516004533j:imageな、な、なんと、
火曜なのに休んどるやんっ_| ̄|○
ゴールデンウィーク中は休みなのか?

いやぁ、旅の序盤にして凹んだ凹んだ…

休みなものはどうしようもないので、とりあえずは道の駅目指して北上。

自販機“サケリン”

f:id:Lifeisonetime:20170516004615j:image鮭・酒・人情(なさけ)とは上手く語呂合わせしたもんだ^ ^

f:id:Lifeisonetime:20170516004645j:image綺麗な海

f:id:Lifeisonetime:20170516004707j:image風情ある遠くの雪山と田園風景

酒田 山居倉庫

f:id:Lifeisonetime:20170516004742j:image明治26年に建った米穀倉庫でケヤキ並木とのコントラストが素晴らしい

f:id:Lifeisonetime:20170516004800j:imageまたもや記念に日本酒を^ ^
この旅で何本買うのやら…(≧∀≦)

鳥海山(別名 出羽富士)〜鳥海ブルーライン

標高2,236mで、東北2番目の高さを誇る。
海抜ゼロメートルから見れるというのは非常に珍しいし、山裾のラインが本当に美しかった。
近づけは近づくほど魅入られ、山裾を走ってみることにした。

f:id:Lifeisonetime:20170516005211j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516005232j:image

道中は桜(しかも珍しい2色の花が咲く桜)や芝桜が沢山

f:id:Lifeisonetime:20170516010252j:image海抜ゼロから一気に1,100メートルにかけのぼる山岳道路で、まさに雪の壁!

f:id:Lifeisonetime:20170516004909j:image鳥海ブルーラインのほぼ中間(四合目)に位置する国民宿舎 大平山荘まで行ってみる。もうそこは雪山^^;

f:id:Lifeisonetime:20170516005447j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516005506j:image眼下には日本海庄内平野が一望出来る絶景。

道の駅象潟(きさかた)ねむの丘

f:id:Lifeisonetime:20170516005529j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516005557j:image絶景の展望風呂

f:id:Lifeisonetime:20170516005616j:image見よ、この夕陽‼︎
風呂に浸かりながら見る贅沢‼︎
泣きそうなくらい感動した^ ^

まだ与力あったので、一気に秋田港まで進む。

道の駅 みなとオアシスあきた(通称 セリオン)

星空が綺麗で見上げながら呑む酒は旨し^ ^

f:id:Lifeisonetime:20170516005703j:imagef:id:Lifeisonetime:20170516005735j:image秋田市ポートタワーと北斗七星

走行距離

f:id:Lifeisonetime:20170516005844j:image本日383.8km
累計1,020km也